ネット環境のお悩み解決します!

バッファロートライバンドルータWNR-5400XE6でWi-Fi 6Eメッシュ無線を作れ!

バッファローから遂にWi-Fi 6E対応のトライバンドルータがでました!

Wi-Fi 6Eの深堀と共にWNR-5400XE6が効果的に利用できる環境を考えてみましょう。

Wi-Fi 6E対応トライバンドルータとは?

2022年9月時点で多く販売されているルータは2.4GHzと5GHzの2つの周波数帯を使うことがデュアルバンドルータです。

トライバンドルータは、周波数帯を3つ使って通信させることでネットワークの混雑を緩和させます。

これまで数は少なくも5GHzの周波数を分割してデュアルバンドよりも高速通信をさせることがウリとしたトライバンドルータが販売されておりました。

しかし、5GHz帯には気象観測や航空レーダーと電波干渉した際に無線LAN通信が切れてしまう課題があったり、そもそも干渉の多い周波数帯のため速度がでないことがあります。


triband

そして今回のバッファローWNR-5400XE6は、これらを解決した6GHz帯のトライバンドルータです。

6Eのメリットを深堀してみましょう。

Wi-Fi 6Eのメリット

Wi-Fi 6Eのメリットは6GHz帯の周波数を使えることです。

ルータは頻繁に買い換えるものではありませんので、今からルータを購入するなら6E対応にしておくことがベストとでしょう。

6GHz帯のメリット

  1. 利用している機器が少なく電波干渉が少ない
  2. 気象観測や航空レーダーとバッティングはなく止まらない
  3. 帯域幅が広く、たくさんの機器を接続できる

トライバンドルータはメッシュ環境に最適

無線LANでメッシュ環境を作る場合は、トライバンドルータを使って組むことで電波干渉を減らすことができます。

例えば6GHzに対応している端末が少ないうちは、ルータ間は6GHz帯、ルータ~端末間は5GHz帯で組むなど分けて作ることで干渉の少ない無線環境にすることができます。

triband2

 

バッファローWNR-5400XE6をどう使うか

WNR-5400XE6のおすすめの利用環境は前述の通りメッシュ環境です。

ルータが1台で済むような部屋の間取りであったり用途の場合は、廉価版のルータで良いでしょう。

今後引っ越しの予定がある場合は、廉価版のバッファロールータは中継用として再利用できますのでメーカー選びの参考にしましょう。

関連記事

おすすめルータの期間限定セール情報をまとめています。紹介しているのは下記のポイントを抑えたルータになります。ルータ購入時に抑えるべきポイント IPv6(IPoE)接続対応 Wi-Fi6(IEEE802.1[…]

eye027

メッシュ機能

バッファローには繋ぐだけで組むことができるEasyMesh機能があるため簡単にできます。

しかし、2022年9月現在ではEasyMeshにおけるルータ間の6GHzには非対応とのこと。

今後ファームウェアのVerUPで対応することに期待しますが、今すぐルータ間を6GHzで組みたい場合は、設定が少し手間ですが中継接続で繋ぎましょう。

2.5Gbpsのインターネット接続

10Gbpsや5Gbpsのインターネット回線は少しずつ普及してきていますが、10ギガ対応ルータはまだ数が少なく高価です。

10Gbps回線自体はベストエフォート回線で実測としては環境により1~4Gps程度の速度になりますので、インターネット側と2.5Gbps、LAN環境をWi-Fi 6Eで高速接続する構成をとることで快適な環境が組めます。

iPhone14はWi-Fi 6E未対応

iPhone14の仕様をAppleサイトで確認すると「2×2 MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)」の記載であり、6Eの表記はなく残念ながら実装は見送りとなっています。

とは言え、今後発売される端末はWi-Fi 6E対応になりますので、新しく無線環境を準備したり、ルータを買い換えるのであれば6E対応のルータを購入しておいた方がよいです。

1点注意が必要ですが、Wi-Fi 6もWi-Fi 6も無線の規格は「802.11ax」となります。

6E対応ルータが欲しい場合は、6Eの表記があることを確認して購入しましょう。

規格名称周波数帯対応スマホ
802.11axWi-Fi 62.4GHz、5GHz~iPhone14、
Wi-Fi 6E2.4GHz、5GHz、6GHzGoogle Pixel6

Galaxy S21 Ultra

 

WNR-5400XE6オススメ理由

WNR-5400XE6は誰にでもベストなルータではなく環境によってオーバースペックになることがありますが、Wi-Fi 6E対応のトライバンドルータとして高速メッシュ環境を作ることができます。

WNR-5400XE6オススメ理由

  • インターネットとIPoE接続できる
    ※2022年9月時点、朝日ネットのv6コネクトには未対応のため注意
  • インターネット回線接続ポートは2.5Gbpsのため10G回線や5G回線に使える
  • 混雑(輻輳)の少ないWi-Fi 6Eを使ったメッシュ/中継環境を作ることができる
  • 他のバッファロールータを持っていればEasyMeshや中継機能用に再利用できる
  • 外部アンテナが出ていなくスタイリッシュでカッコイイ!

その他、各メーカのおすすめルータは下記にまとめていますので興味がある方は参考にしてください。

おすすめルータ一覧

Wi-Fiルータを買い換えたいけど選び方が分からないという方は多くいらっしゃると思います。サイトを見ても何が違うのか分からないので、Amazonや楽天で口コミや評価が高いルータから選んだり、価格で決めたりしていませんか?ここ[…]

eye013